News

憎くてしかたなかった娘たちの湿疹 今は言える、ありがとう愛しています。

憎くてしかたなかった娘たちの湿疹 今は言える、ありがとう愛しています。

娘たちの湿疹と向き合う事は彼女たちの母として私には必須の体験で、それ無しでは行きつかない未来がある。 その一つが周りで支えてくれてる方達とこのクレイとの出逢いです。 独学でアトピーについて学ぶもスキンケアは何がいいのかわからず彷徨っていたところ、ハーブウォーター、特にオーストラリアのSAMARIA ROSE FARMのオーガニックローズウォーターがいいよと教えてもらいました。 私、今までローズの香りの物は好んで選んだ事がありませんでした。 でも娘の湿疹にと購入し、シュシュっと自分にしてみるとWOW!産後私の眠っていた女性性が目醒めたのが分かりました!あまりにもビックリしたのと、たまたまファームのオーナーが日本人の方で嬉しくてメッセージを送りました。 ”娘の湿疹、そして私の女性性を目醒めさせてくれ、このローズウォーターは我が家ではマストアイテムになっています!” と。 すると商品が届いたときにAustralian white kaolin clayがお手紙と共に入っていました。 ”クレイ使った事ありますか? ホワイトカオリンは優しく炎症や痒み、毒出しを手伝ってくれ赤ちゃんにも安心して使えます。 お風呂に入れてもいいし、ローズウォーターの後にパラパラと付けても良いです。長期戦で、続けることが改善になりますよ。”と。 すぐにお風呂に入れて使い出しました。その効果に驚いたのを覚えています。 クレイはパックだけのイメージだったけど沢山用途があり、自然のエネルギーがたっぷりで、環境にも優しい。 私自身もクレイを使い出し、クレイ(ベントナイト)で髪の毛を洗うようになりました。クレイシャンプー後の頭の軽さに感激し、数日洗わなくてもベタベタにならない。 歯磨きもクレイだけでスッキリ。 もちろんパックも。 長女は自分でローズウォーターとクレイを混ぜで湿疹、虫刺されで痒いところなどに塗るようになりました。 そしてクレイでの歯磨も美味しいと言いながらしています。笑 お家にあるとすごく色々な場面で活躍してくれるクレイ。 クレイについて学べば学ぶほどクレイの魅力、大地の恵に感謝です。 そしてまさか自分が大好きなオーストラリアのクレイを日本の方々にお届けをするなんて! この新たな挑戦にもすごくワクワクしています。 私がクレイで助けて頂いたように必要な方に届けばなと思っております。 憎くてしかたなかった娘たちの湿疹。 今は言える、ありがとう、愛してますと。...

憎くてしかたなかった娘たちの湿疹 今は言える、ありがとう愛しています。

娘たちの湿疹と向き合う事は彼女たちの母として私には必須の体験で、それ無しでは行きつかない未来がある。 その一つが周りで支えてくれてる方達とこのクレイとの出逢いです。 独学でアトピーについて学ぶもスキンケアは何がいいのかわからず彷徨っていたところ、ハーブウォーター、特にオーストラリアのSAMARIA ROSE FARMのオーガニックローズウォーターがいいよと教えてもらいました。 私、今までローズの香りの物は好んで選んだ事がありませんでした。 でも娘の湿疹にと購入し、シュシュっと自分にしてみるとWOW!産後私の眠っていた女性性が目醒めたのが分かりました!あまりにもビックリしたのと、たまたまファームのオーナーが日本人の方で嬉しくてメッセージを送りました。 ”娘の湿疹、そして私の女性性を目醒めさせてくれ、このローズウォーターは我が家ではマストアイテムになっています!” と。 すると商品が届いたときにAustralian white kaolin clayがお手紙と共に入っていました。 ”クレイ使った事ありますか? ホワイトカオリンは優しく炎症や痒み、毒出しを手伝ってくれ赤ちゃんにも安心して使えます。 お風呂に入れてもいいし、ローズウォーターの後にパラパラと付けても良いです。長期戦で、続けることが改善になりますよ。”と。 すぐにお風呂に入れて使い出しました。その効果に驚いたのを覚えています。 クレイはパックだけのイメージだったけど沢山用途があり、自然のエネルギーがたっぷりで、環境にも優しい。 私自身もクレイを使い出し、クレイ(ベントナイト)で髪の毛を洗うようになりました。クレイシャンプー後の頭の軽さに感激し、数日洗わなくてもベタベタにならない。 歯磨きもクレイだけでスッキリ。 もちろんパックも。 長女は自分でローズウォーターとクレイを混ぜで湿疹、虫刺されで痒いところなどに塗るようになりました。 そしてクレイでの歯磨も美味しいと言いながらしています。笑 お家にあるとすごく色々な場面で活躍してくれるクレイ。 クレイについて学べば学ぶほどクレイの魅力、大地の恵に感謝です。 そしてまさか自分が大好きなオーストラリアのクレイを日本の方々にお届けをするなんて! この新たな挑戦にもすごくワクワクしています。 私がクレイで助けて頂いたように必要な方に届けばなと思っております。 憎くてしかたなかった娘たちの湿疹。 今は言える、ありがとう、愛してますと。...

私の恐怖から始まった物語、完了。

私の恐怖から始まった物語、完了。

お産が怖い 夜中に鳴るお産の呼び出し電話が怖い 下がっていく胎児心拍を聞く恐怖 出血が止まらない恐怖 アプガースコア(生まれたての赤ちゃんの様子を数値化するもの)が一向に良くならない恐怖 死への恐怖 縮こまる心臓 なんでこうもお産がうまくいかない? その時は本当にわからなかった。だけどオステオパシーの学びが深まってくるとその答えは明白でした。 うまくいかないお産はオキシトシンが出ない私の身体と心の投影でした。 私の潜在意識の現れでした。 これに気づいた時に心の中でたくさん謝りました。 これまで出会ったすべての女性に。こんな私でごめんなさい。 これから私は自分の在り方を見直します。だから許してほしい。 深く謝罪の気持ちが湧きました。   これが今私がやってる活動の原点です。   ここから全て始まりました。 始まりから年月が経ち、6年学んだオステオパシーカレッジを無事卒業し学位を取得。卒業して3年後にスタートさせたフェムケアニスト®︎養成講座は順調で、モデル実技のモデルにこられた妊婦さんはみなさんとっても満足してくださっています。福井県越前市にあるお産の家ささした助産所でお産を取り上げている私の母もいつも心強いと言ってくれ心の底から信頼してくれているのが伝わってきます。 だけどなかなか私の心は満たされない。 恐怖から始まった物語の完了を迎える気配がない。 というか私自身が、距離を置いていたお産と、命のために命をかける女性と、もう一度向き合わないとこの物語の完了は迎えられない事を自分でもわかっていました。   そしてその舞台はすでに用意されていました。   Natural birth support smile...

私の恐怖から始まった物語、完了。

お産が怖い 夜中に鳴るお産の呼び出し電話が怖い 下がっていく胎児心拍を聞く恐怖 出血が止まらない恐怖 アプガースコア(生まれたての赤ちゃんの様子を数値化するもの)が一向に良くならない恐怖 死への恐怖 縮こまる心臓 なんでこうもお産がうまくいかない? その時は本当にわからなかった。だけどオステオパシーの学びが深まってくるとその答えは明白でした。 うまくいかないお産はオキシトシンが出ない私の身体と心の投影でした。 私の潜在意識の現れでした。 これに気づいた時に心の中でたくさん謝りました。 これまで出会ったすべての女性に。こんな私でごめんなさい。 これから私は自分の在り方を見直します。だから許してほしい。 深く謝罪の気持ちが湧きました。   これが今私がやってる活動の原点です。   ここから全て始まりました。 始まりから年月が経ち、6年学んだオステオパシーカレッジを無事卒業し学位を取得。卒業して3年後にスタートさせたフェムケアニスト®︎養成講座は順調で、モデル実技のモデルにこられた妊婦さんはみなさんとっても満足してくださっています。福井県越前市にあるお産の家ささした助産所でお産を取り上げている私の母もいつも心強いと言ってくれ心の底から信頼してくれているのが伝わってきます。 だけどなかなか私の心は満たされない。 恐怖から始まった物語の完了を迎える気配がない。 というか私自身が、距離を置いていたお産と、命のために命をかける女性と、もう一度向き合わないとこの物語の完了は迎えられない事を自分でもわかっていました。   そしてその舞台はすでに用意されていました。   Natural birth support smile...

知ってしまったらもうやめられない

知ってしまったらもうやめられない

最近では何かに心が動いた瞬間、「この感情の記憶」をクリーニングした先にある美しい流れを感じてゾクゾクする。 美しい流れとはインスピレーションを受け取ったり、出会いだっり、成長だったり、新しい視点が増えたりとにかくそれは予想をはるかに超えるご褒美なんです。 つい最近まで恐怖を感じた時、反射的に爬虫類のように死んだふり、聞こえないふり、見えてないふり、知らないふりをするのが得意だったから、それが反転したようなキラキラした自由な世界。 怒り、苛立ち、悲しみ、悔しい、屈辱、物足りなさ、寂しさ、羨む気持ち、 全て大好物になってきた。出てきてくれてありがとう。愛しているよ。 そうなっちゃうと逆に、自分が次から次へと全ての事象を創り出しているんだということも明確になってくる。 感情に振り回されているのと、全ては自分で創り出しているという在り方は、現実に同じことが起こっていても全く違うんだってことがわかる。最初はわからないから頭で無理くり理解しているのだけど、そのうちどんどん、より深くわかる感覚が出てくる。これがアハ・モーメントってやつでしょうか。 フェムケアニスト®︎、フォロワーの皆さんと共有しているからすごく早いんだと思う。 いつも読んでいただき本当にありがとうございます。 2023年が終わろうとしているこの時期に、なるほど!な体験が起きて嬉しい。 何かを成しえたら幸せになる、何者かになったら幸せになる、何かを手に入れたら幸せになると思っていたんだなぁ。 がむしゃらにやってきたから出会えたこのやり方。いつか出会えると思っていた仲間が集まってきてくれたからこの生き方と出会うことができた。 自分の感覚を研ぎ澄まし、余白を作り、そのスペースにインスピレーションを受け取り、ワクワクしてそれを形にして表現する。そしたら誰かが喜んでくれる。   ちーちゃんの名言をもう一度。   「私は何にもなりたくない。自分で在ることを許す。 ここにいればそれができるんじゃないかと思った。」   天才!   来年もフェムケアジャパンをどうぞよろしくお願いいたします!    

知ってしまったらもうやめられない

最近では何かに心が動いた瞬間、「この感情の記憶」をクリーニングした先にある美しい流れを感じてゾクゾクする。 美しい流れとはインスピレーションを受け取ったり、出会いだっり、成長だったり、新しい視点が増えたりとにかくそれは予想をはるかに超えるご褒美なんです。 つい最近まで恐怖を感じた時、反射的に爬虫類のように死んだふり、聞こえないふり、見えてないふり、知らないふりをするのが得意だったから、それが反転したようなキラキラした自由な世界。 怒り、苛立ち、悲しみ、悔しい、屈辱、物足りなさ、寂しさ、羨む気持ち、 全て大好物になってきた。出てきてくれてありがとう。愛しているよ。 そうなっちゃうと逆に、自分が次から次へと全ての事象を創り出しているんだということも明確になってくる。 感情に振り回されているのと、全ては自分で創り出しているという在り方は、現実に同じことが起こっていても全く違うんだってことがわかる。最初はわからないから頭で無理くり理解しているのだけど、そのうちどんどん、より深くわかる感覚が出てくる。これがアハ・モーメントってやつでしょうか。 フェムケアニスト®︎、フォロワーの皆さんと共有しているからすごく早いんだと思う。 いつも読んでいただき本当にありがとうございます。 2023年が終わろうとしているこの時期に、なるほど!な体験が起きて嬉しい。 何かを成しえたら幸せになる、何者かになったら幸せになる、何かを手に入れたら幸せになると思っていたんだなぁ。 がむしゃらにやってきたから出会えたこのやり方。いつか出会えると思っていた仲間が集まってきてくれたからこの生き方と出会うことができた。 自分の感覚を研ぎ澄まし、余白を作り、そのスペースにインスピレーションを受け取り、ワクワクしてそれを形にして表現する。そしたら誰かが喜んでくれる。   ちーちゃんの名言をもう一度。   「私は何にもなりたくない。自分で在ることを許す。 ここにいればそれができるんじゃないかと思った。」   天才!   来年もフェムケアジャパンをどうぞよろしくお願いいたします!    

悲惨で最高な日々

悲惨で最高な日々

先日のブログで私は治療家を卒業し一人の女性に戻った。 そしたらここしばらく、現実に変化が起こりました。 予約を下さる方は一応施術を希望して来られる。 だから何かを改善したかったり、もっと良くなりたいと願う部分がもちろんあったりする。 そこは表面上何も変わっていないはず。 だけどそこの記憶で繋がっているというより、病気の記憶を再生させているというより!   喜びや創造性の部分での繋がりをより強く感じる。   余談 今じっくりここ最近の流れを思い出していたら出てきた感情 「私の人生、こんな最高なことがあっていいのか。。。」 知らず知らず自分を攻撃しながら生きてきたから喜びに浸るのが下手だ。 こんな時はフラワーエッセンスのナチュラルブリスフォーミュラ! 喜びを細胞で感じるようになる。 喉のチャクラを活性化させるので私の場合はこのフラワーエッセンスを取り出すと朝目覚めたときに勝手に布団の中で歌を歌うようになる。高い声で。 また今日から摂ろう。   話を戻して。   昨日もご紹介で50代の女性が表参道femcare助産院へ来られました。 私が見て断言できるほどわかりやすい宇宙人(美しい方でした) 子供たちと関わるお仕事もされていて   「一生、取替えの効かないこの肉体で、あなたの命の全ての時間を生きていくんだよ」   ということを(本当はもっとたくさん)伝えたくて活動されていると目をうるませながら話してくださいました。ふかぁい部分でのこの方との繋がりを感じました。 あなたの体はこうなっていてどうでああで、何たらかんたら、これを買ってくださいという話をしなくてもいい。笑 もちろん少しはするけど、目の前の女性と話したい事は、何ていうのかな、お互いが繋がって気持ちよくなる話。感謝に勢いが増していくような、そんな感覚が体から起こってくる話。  ...

悲惨で最高な日々

先日のブログで私は治療家を卒業し一人の女性に戻った。 そしたらここしばらく、現実に変化が起こりました。 予約を下さる方は一応施術を希望して来られる。 だから何かを改善したかったり、もっと良くなりたいと願う部分がもちろんあったりする。 そこは表面上何も変わっていないはず。 だけどそこの記憶で繋がっているというより、病気の記憶を再生させているというより!   喜びや創造性の部分での繋がりをより強く感じる。   余談 今じっくりここ最近の流れを思い出していたら出てきた感情 「私の人生、こんな最高なことがあっていいのか。。。」 知らず知らず自分を攻撃しながら生きてきたから喜びに浸るのが下手だ。 こんな時はフラワーエッセンスのナチュラルブリスフォーミュラ! 喜びを細胞で感じるようになる。 喉のチャクラを活性化させるので私の場合はこのフラワーエッセンスを取り出すと朝目覚めたときに勝手に布団の中で歌を歌うようになる。高い声で。 また今日から摂ろう。   話を戻して。   昨日もご紹介で50代の女性が表参道femcare助産院へ来られました。 私が見て断言できるほどわかりやすい宇宙人(美しい方でした) 子供たちと関わるお仕事もされていて   「一生、取替えの効かないこの肉体で、あなたの命の全ての時間を生きていくんだよ」   ということを(本当はもっとたくさん)伝えたくて活動されていると目をうるませながら話してくださいました。ふかぁい部分でのこの方との繋がりを感じました。 あなたの体はこうなっていてどうでああで、何たらかんたら、これを買ってくださいという話をしなくてもいい。笑 もちろん少しはするけど、目の前の女性と話したい事は、何ていうのかな、お互いが繋がって気持ちよくなる話。感謝に勢いが増していくような、そんな感覚が体から起こってくる話。  ...

治療家卒業

治療家卒業

あれから悲惨な毎日は続いています。 同時に私にとっての夢が今日一つ叶おうとしています。 夢っていうか、これまでやってきた事が結果としてご褒美のように目の前に現実として現れてくれた。 この状況、途方に暮れて問題に飲み込まれてもいいし 大喜びしてテンション爆上げしてもいいはずなのに 私の心は凪状態です。 次の瞬間自分次第でどっちにも行ける状態。 ただただ、自由だ。 完璧な流れだってことを体でわかってる。     昨日の直美さんのNoteより ............................................... 人をとがめ裁こうとする判断が 感謝に変わるとき、 最高の流れが自然と生まれ、 わたしはわたしの才能を開いていく ...............................................   「判断が感謝に変わるときに最高の流れが自然と生まれる」   めちゃめちゃわかりやすい。 私の股が腫れていて、やっぱり気になって症状を消そうと躍起になったり、あぁこの子って、治療家である前に、私もただの一人の女性であるということを思い出させてくれるありがたい存在だなぁと感謝が沸いたり。(本当にすーぐ自分を後回しにしちゃう。役割を生きちゃう。)行きつ戻りつしながら段々とお股の腫れに対しての感謝がぶれなくなってきたら、ふと流れは完璧なことに気付く。問題を解決しようとしなくなるし、夢が叶うその日なのに、めちゃめちゃフラット。自分の才能が開くって、そういうことか。リラックスしているから才能を発揮できると思う。不安はない。股が治癒する経過も信頼できる。 だから治療家は卒業。 一人の女性として生きていきます。 これは私の中の変化であって外から見たら何かが変わるわけじゃないかもしれない。でもフェムケアジャパンいちお代表の笹下優姫が役割を第一に生きてしまっていたらこれは大問題。一人の女性である自分をまず第一にケアすること。愛してあげること。体現して世界に発信すること。これがフェムケアニスト®︎ですから。 直美さんの言う、感謝に変わるとき、ってのが鍵だと思う。 どん底を見ず、目の前の問題とまぐわいもせず、浅い所で感謝感謝連発していてもそれは自分への詐欺。自分をこれ以上騙さないで、ハートをオープンにして今すぐ目の前の問題とまぐわおう。もっと自分を愛そう。どうやって?と思うならまずは腟ケア。そこで抵抗があったりスルーしたあなたは、、、、伸びしろだらけ❤️ 写真は一人の女性として真剣に妊娠出産に向き合った梨紗さん。真剣に自分を愛するとこんなに美しくなれるんだという私の見本。ずっとこの写真を使いたくて。やっとピッタリの記事が書けてうれしいな。  ...

治療家卒業

あれから悲惨な毎日は続いています。 同時に私にとっての夢が今日一つ叶おうとしています。 夢っていうか、これまでやってきた事が結果としてご褒美のように目の前に現実として現れてくれた。 この状況、途方に暮れて問題に飲み込まれてもいいし 大喜びしてテンション爆上げしてもいいはずなのに 私の心は凪状態です。 次の瞬間自分次第でどっちにも行ける状態。 ただただ、自由だ。 完璧な流れだってことを体でわかってる。     昨日の直美さんのNoteより ............................................... 人をとがめ裁こうとする判断が 感謝に変わるとき、 最高の流れが自然と生まれ、 わたしはわたしの才能を開いていく ...............................................   「判断が感謝に変わるときに最高の流れが自然と生まれる」   めちゃめちゃわかりやすい。 私の股が腫れていて、やっぱり気になって症状を消そうと躍起になったり、あぁこの子って、治療家である前に、私もただの一人の女性であるということを思い出させてくれるありがたい存在だなぁと感謝が沸いたり。(本当にすーぐ自分を後回しにしちゃう。役割を生きちゃう。)行きつ戻りつしながら段々とお股の腫れに対しての感謝がぶれなくなってきたら、ふと流れは完璧なことに気付く。問題を解決しようとしなくなるし、夢が叶うその日なのに、めちゃめちゃフラット。自分の才能が開くって、そういうことか。リラックスしているから才能を発揮できると思う。不安はない。股が治癒する経過も信頼できる。 だから治療家は卒業。 一人の女性として生きていきます。 これは私の中の変化であって外から見たら何かが変わるわけじゃないかもしれない。でもフェムケアジャパンいちお代表の笹下優姫が役割を第一に生きてしまっていたらこれは大問題。一人の女性である自分をまず第一にケアすること。愛してあげること。体現して世界に発信すること。これがフェムケアニスト®︎ですから。 直美さんの言う、感謝に変わるとき、ってのが鍵だと思う。 どん底を見ず、目の前の問題とまぐわいもせず、浅い所で感謝感謝連発していてもそれは自分への詐欺。自分をこれ以上騙さないで、ハートをオープンにして今すぐ目の前の問題とまぐわおう。もっと自分を愛そう。どうやって?と思うならまずは腟ケア。そこで抵抗があったりスルーしたあなたは、、、、伸びしろだらけ❤️ 写真は一人の女性として真剣に妊娠出産に向き合った梨紗さん。真剣に自分を愛するとこんなに美しくなれるんだという私の見本。ずっとこの写真を使いたくて。やっとピッタリの記事が書けてうれしいな。  ...

ここしばらく私が悲惨だったわけ

ここしばらく私が悲惨だったわけ

まず自分自身のケアをして、そしてパートナーをケアして子供をケアする。 こんなに難しいことありますか? 人を癒す、人のケアをする仕事をしている人やそういった習性のある人にとって自分のケアって、、、やっているつもりでも全く足りていないんじゃないかな。 そうすると身体を病んだり心を病んだりする。 心が病むともちろん体も病んでいく。体が辛いと心も辛い。 念願のオンラインショップ開設、日々の施術やフェムテック東京3日間を終え、充実した毎日で、女性に喜ばれて、でもなんで? 自分自身の心がなくなっていく感覚。 これはどこかでちゃんと休まないとまずいぞ。来週の福井の授業延期してもらおうか。石橋にはあり得ないとおもわれるだろな、、でも心無い講師ってどうなの、、 そうこうしているうちにそんな自分と対話する時間もゆっくり持てずにあっという間に前日になる。 自分のアドレナリンを頼ってやり切る。 東京に戻り沖縄での研修が迫ってる。2期生のスタートも迫ってる。 沖縄出発の今日は1期生東京校の授業の予定だった。 泣きついた。 二人とも快くスケジュールの変更に応じてくれた。 二人からの返信ラインを開いて涙が出る。   何してんの私、、、 自分をまず大切にするって難しい。 自分ではなく、役割を生きてた。 これって必要?     フェムテックトーキョーで感じたことは、立場や役割で出展していたり参加している人と、自分自身が何者かである以前にまず一人の女性である、その意識で参加している人の2つのタイプがいることに気付きました。   話していて目の前の女性が前者から後者に変わる瞬間にやりがいを感じました。 やりがいを感じちゃいけませんね。笑   私は後者のつもりだったけどやりがいなんか感じちゃったもんだから、いつの間にやら前者になってた。 私は現代を生きる悲惨な女性そのものでした。 あー面白い。...

ここしばらく私が悲惨だったわけ

まず自分自身のケアをして、そしてパートナーをケアして子供をケアする。 こんなに難しいことありますか? 人を癒す、人のケアをする仕事をしている人やそういった習性のある人にとって自分のケアって、、、やっているつもりでも全く足りていないんじゃないかな。 そうすると身体を病んだり心を病んだりする。 心が病むともちろん体も病んでいく。体が辛いと心も辛い。 念願のオンラインショップ開設、日々の施術やフェムテック東京3日間を終え、充実した毎日で、女性に喜ばれて、でもなんで? 自分自身の心がなくなっていく感覚。 これはどこかでちゃんと休まないとまずいぞ。来週の福井の授業延期してもらおうか。石橋にはあり得ないとおもわれるだろな、、でも心無い講師ってどうなの、、 そうこうしているうちにそんな自分と対話する時間もゆっくり持てずにあっという間に前日になる。 自分のアドレナリンを頼ってやり切る。 東京に戻り沖縄での研修が迫ってる。2期生のスタートも迫ってる。 沖縄出発の今日は1期生東京校の授業の予定だった。 泣きついた。 二人とも快くスケジュールの変更に応じてくれた。 二人からの返信ラインを開いて涙が出る。   何してんの私、、、 自分をまず大切にするって難しい。 自分ではなく、役割を生きてた。 これって必要?     フェムテックトーキョーで感じたことは、立場や役割で出展していたり参加している人と、自分自身が何者かである以前にまず一人の女性である、その意識で参加している人の2つのタイプがいることに気付きました。   話していて目の前の女性が前者から後者に変わる瞬間にやりがいを感じました。 やりがいを感じちゃいけませんね。笑   私は後者のつもりだったけどやりがいなんか感じちゃったもんだから、いつの間にやら前者になってた。 私は現代を生きる悲惨な女性そのものでした。 あー面白い。...