フェムケアジャパン

フェムケアとは、「Feminine(⼥性の)」と「Care(ケア)」を組み合わせた造語で、⼥性の身体や健康をケアする製品やサービスのことを指します。

READ MORE
  • 完了したらまたすぐ次の章が始まるんやね

    完了したらまたすぐ次の章が始まるんやね

    恐怖から始まった物語が完了してホッと一息つこうと思ったのが2月。今6月後半、2月には想像もしていなかった生活に一変しました。さっそく次の章が始まっていた様です。東京の中心(なんてったって渋谷)から実家のある福井県丹生郡越前町の古民家に引っ越しました。表参道femcare助産院のマンションの更新をしようと思って書類を眺めていたら、ん?このモヤモヤは何?と思って石橋くんと緊急会議。そしてあっさりマンションを解約して福井へ帰ることを決めました。5月の頭に引っ越しを決めて31日になんとか引っ越しました。引越しの荷物を解く前から母の助産所をお手伝い。普通に忙しいな、、。   あっさり決めたと言っても、頭で考えると、マンションを更新してあと2年は東京で楽しむつもりだったし、大切なお客さんに急に辞めるとか相変わらずの無責任だし、あぁ鬱になりそう。となりました。でも1日半くらいで鬱は終わりネットで古民家を探し出すともうワクワクが止まらなくなるという、、、自分の好きな様にしか生きられないどこまでも自分勝手な私です。   そうそう、2月に立ち会わせていただいた4年ぶりのお産は、 静かで、生活の一部で、おごそかな空気で、うまく進むのがまるで当たり前かのように、胎児の心音は全く乱れず、完璧なタイミングで破水して、産婦は大波を乗りこなしているというより大いなる、そのものでした。 そばで付き添う助産師の涼子さんの佇まいからは愛と信頼しか受け取れない。 その場の気持ちよさを思い出すといまだに日常であり非日常のあの異次元の空間にタイムワープできます。 日本人って日常を淡々と過ごしながらも常に神を感じていたんだなぁ この産婦さんに出会ったのは数年前お正月の金沢で、骨産道可動域テストのセミナーに県外からきてくれました。再会はまさかの旦那さん経由で代々木に施術を受けにきてくれました。彼女とのご縁はきっとこれからもまだまだ私を成長させてくれると感じています。実母さんに子供達を頼んで産後の施術を受けに来てくれました。いつものように手作りの酵素ジュースを持ってきてくれました。それが表参道femcaer助産院での最後お仕事でした。次は一体どこで再会できるかな?またお互い笑顔で再会したい。   話は変わって、3月に発熱、からの股がまた腫れてそろそろ病院かな、と検索したらどこも予約が取れず、電話で予約が取れて助かったと思ったらピル処方専門病院というのが2回続いて。大きい病院は再診料が8,000円。もうなんか、アホくさ。この日本で生きていくなら中途半端な自分ではあかんな、中途半端な生き方ではあかん。となんとなくその時にも悟った気がします。そしてその夜股はめでたく自然治癒。   秋からまた洒落にならないくらい危険なワクチンが始まるそうですね。どんどん尖っていきたいと思います。中途半端な自分でいると本当に中途半端な目に合います。それは命にも関わること。大切な人を守るためにがんばりたい。    完璧な大波をやっとこさ乗りこなす毎日ではなくて、あの時の産婦さんのように大いなるそのものにはなれないけど、大いなるものの気配を感じ取りながら日々を楽しみ、生活を大切にしたいと思います。   7月の終わりからお産ラッシュが始まります。   Mさん、涼子さん、東京!ありがとうございました。 これにて私の旅、東京編、完! 福井でもflowします!   優姫  

    完了したらまたすぐ次の章が始まるんやね

    恐怖から始まった物語が完了してホッと一息つこうと思ったのが2月。今6月後半、2月には想像もしていなかった生活に一変しました。さっそく次の章が始まっていた様です。東京の中心(なんてったって渋谷)から実家のある福井県丹生郡越前町の古民家に引っ越しました。表参道femcare助産院のマンションの更新をしようと思って書類を眺めていたら、ん?このモヤモヤは何?と思って石橋くんと緊急会議。そしてあっさりマンションを解約して福井へ帰ることを決めました。5月の頭に引っ越しを決めて31日になんとか引っ越しました。引越しの荷物を解く前から母の助産所をお手伝い。普通に忙しいな、、。   あっさり決めたと言っても、頭で考えると、マンションを更新してあと2年は東京で楽しむつもりだったし、大切なお客さんに急に辞めるとか相変わらずの無責任だし、あぁ鬱になりそう。となりました。でも1日半くらいで鬱は終わりネットで古民家を探し出すともうワクワクが止まらなくなるという、、、自分の好きな様にしか生きられないどこまでも自分勝手な私です。   そうそう、2月に立ち会わせていただいた4年ぶりのお産は、 静かで、生活の一部で、おごそかな空気で、うまく進むのがまるで当たり前かのように、胎児の心音は全く乱れず、完璧なタイミングで破水して、産婦は大波を乗りこなしているというより大いなる、そのものでした。 そばで付き添う助産師の涼子さんの佇まいからは愛と信頼しか受け取れない。 その場の気持ちよさを思い出すといまだに日常であり非日常のあの異次元の空間にタイムワープできます。 日本人って日常を淡々と過ごしながらも常に神を感じていたんだなぁ この産婦さんに出会ったのは数年前お正月の金沢で、骨産道可動域テストのセミナーに県外からきてくれました。再会はまさかの旦那さん経由で代々木に施術を受けにきてくれました。彼女とのご縁はきっとこれからもまだまだ私を成長させてくれると感じています。実母さんに子供達を頼んで産後の施術を受けに来てくれました。いつものように手作りの酵素ジュースを持ってきてくれました。それが表参道femcaer助産院での最後お仕事でした。次は一体どこで再会できるかな?またお互い笑顔で再会したい。   話は変わって、3月に発熱、からの股がまた腫れてそろそろ病院かな、と検索したらどこも予約が取れず、電話で予約が取れて助かったと思ったらピル処方専門病院というのが2回続いて。大きい病院は再診料が8,000円。もうなんか、アホくさ。この日本で生きていくなら中途半端な自分ではあかんな、中途半端な生き方ではあかん。となんとなくその時にも悟った気がします。そしてその夜股はめでたく自然治癒。   秋からまた洒落にならないくらい危険なワクチンが始まるそうですね。どんどん尖っていきたいと思います。中途半端な自分でいると本当に中途半端な目に合います。それは命にも関わること。大切な人を守るためにがんばりたい。    完璧な大波をやっとこさ乗りこなす毎日ではなくて、あの時の産婦さんのように大いなるそのものにはなれないけど、大いなるものの気配を感じ取りながら日々を楽しみ、生活を大切にしたいと思います。   7月の終わりからお産ラッシュが始まります。   Mさん、涼子さん、東京!ありがとうございました。 これにて私の旅、東京編、完! 福井でもflowします!   優姫  

  • 憎くてしかたなかった娘たちの湿疹 今は言える、ありがとう愛しています。

    憎くてしかたなかった娘たちの湿疹 今は言える、ありがとう愛しています。

    娘たちの湿疹と向き合う事は彼女たちの母として私には必須の体験で、それ無しでは行きつかない未来がある。 その一つが周りで支えてくれてる方達とこのクレイとの出逢いです。 独学でアトピーについて学ぶもスキンケアは何がいいのかわからず彷徨っていたところ、ハーブウォーター、特にオーストラリアのSAMARIA ROSE FARMのオーガニックローズウォーターがいいよと教えてもらいました。 私、今までローズの香りの物は好んで選んだ事がありませんでした。 でも娘の湿疹にと購入し、シュシュっと自分にしてみるとWOW!産後私の眠っていた女性性が目醒めたのが分かりました!あまりにもビックリしたのと、たまたまファームのオーナーが日本人の方で嬉しくてメッセージを送りました。 ”娘の湿疹、そして私の女性性を目醒めさせてくれ、このローズウォーターは我が家ではマストアイテムになっています!” と。 すると商品が届いたときにAustralian white kaolin clayがお手紙と共に入っていました。 ”クレイ使った事ありますか? ホワイトカオリンは優しく炎症や痒み、毒出しを手伝ってくれ赤ちゃんにも安心して使えます。 お風呂に入れてもいいし、ローズウォーターの後にパラパラと付けても良いです。長期戦で、続けることが改善になりますよ。”と。 すぐにお風呂に入れて使い出しました。その効果に驚いたのを覚えています。 クレイはパックだけのイメージだったけど沢山用途があり、自然のエネルギーがたっぷりで、環境にも優しい。 私自身もクレイを使い出し、クレイ(ベントナイト)で髪の毛を洗うようになりました。クレイシャンプー後の頭の軽さに感激し、数日洗わなくてもベタベタにならない。 歯磨きもクレイだけでスッキリ。 もちろんパックも。 長女は自分でローズウォーターとクレイを混ぜで湿疹、虫刺されで痒いところなどに塗るようになりました。 そしてクレイでの歯磨も美味しいと言いながらしています。笑 お家にあるとすごく色々な場面で活躍してくれるクレイ。 クレイについて学べば学ぶほどクレイの魅力、大地の恵に感謝です。 そしてまさか自分が大好きなオーストラリアのクレイを日本の方々にお届けをするなんて! この新たな挑戦にもすごくワクワクしています。 私がクレイで助けて頂いたように必要な方に届けばなと思っております。 憎くてしかたなかった娘たちの湿疹。 今は言える、ありがとう、愛してますと。...

    憎くてしかたなかった娘たちの湿疹 今は言える、ありがとう愛しています。

    娘たちの湿疹と向き合う事は彼女たちの母として私には必須の体験で、それ無しでは行きつかない未来がある。 その一つが周りで支えてくれてる方達とこのクレイとの出逢いです。 独学でアトピーについて学ぶもスキンケアは何がいいのかわからず彷徨っていたところ、ハーブウォーター、特にオーストラリアのSAMARIA ROSE FARMのオーガニックローズウォーターがいいよと教えてもらいました。 私、今までローズの香りの物は好んで選んだ事がありませんでした。 でも娘の湿疹にと購入し、シュシュっと自分にしてみるとWOW!産後私の眠っていた女性性が目醒めたのが分かりました!あまりにもビックリしたのと、たまたまファームのオーナーが日本人の方で嬉しくてメッセージを送りました。 ”娘の湿疹、そして私の女性性を目醒めさせてくれ、このローズウォーターは我が家ではマストアイテムになっています!” と。 すると商品が届いたときにAustralian white kaolin clayがお手紙と共に入っていました。 ”クレイ使った事ありますか? ホワイトカオリンは優しく炎症や痒み、毒出しを手伝ってくれ赤ちゃんにも安心して使えます。 お風呂に入れてもいいし、ローズウォーターの後にパラパラと付けても良いです。長期戦で、続けることが改善になりますよ。”と。 すぐにお風呂に入れて使い出しました。その効果に驚いたのを覚えています。 クレイはパックだけのイメージだったけど沢山用途があり、自然のエネルギーがたっぷりで、環境にも優しい。 私自身もクレイを使い出し、クレイ(ベントナイト)で髪の毛を洗うようになりました。クレイシャンプー後の頭の軽さに感激し、数日洗わなくてもベタベタにならない。 歯磨きもクレイだけでスッキリ。 もちろんパックも。 長女は自分でローズウォーターとクレイを混ぜで湿疹、虫刺されで痒いところなどに塗るようになりました。 そしてクレイでの歯磨も美味しいと言いながらしています。笑 お家にあるとすごく色々な場面で活躍してくれるクレイ。 クレイについて学べば学ぶほどクレイの魅力、大地の恵に感謝です。 そしてまさか自分が大好きなオーストラリアのクレイを日本の方々にお届けをするなんて! この新たな挑戦にもすごくワクワクしています。 私がクレイで助けて頂いたように必要な方に届けばなと思っております。 憎くてしかたなかった娘たちの湿疹。 今は言える、ありがとう、愛してますと。...

  • 私の恐怖から始まった物語、完了。

    私の恐怖から始まった物語、完了。

    お産が怖い 夜中に鳴るお産の呼び出し電話が怖い 下がっていく胎児心拍を聞く恐怖 出血が止まらない恐怖 アプガースコア(生まれたての赤ちゃんの様子を数値化するもの)が一向に良くならない恐怖 死への恐怖 縮こまる心臓 なんでこうもお産がうまくいかない? その時は本当にわからなかった。だけどオステオパシーの学びが深まってくるとその答えは明白でした。 うまくいかないお産はオキシトシンが出ない私の身体と心の投影でした。 私の潜在意識の現れでした。 これに気づいた時に心の中でたくさん謝りました。 これまで出会ったすべての女性に。こんな私でごめんなさい。 これから私は自分の在り方を見直します。だから許してほしい。 深く謝罪の気持ちが湧きました。   これが今私がやってる活動の原点です。   ここから全て始まりました。 始まりから年月が経ち、6年学んだオステオパシーカレッジを無事卒業し学位を取得。卒業して3年後にスタートさせたフェムケアニスト®︎養成講座は順調で、モデル実技のモデルにこられた妊婦さんはみなさんとっても満足してくださっています。福井県越前市にあるお産の家ささした助産所でお産を取り上げている私の母もいつも心強いと言ってくれ心の底から信頼してくれているのが伝わってきます。 だけどなかなか私の心は満たされない。 恐怖から始まった物語の完了を迎える気配がない。 というか私自身が、距離を置いていたお産と、命のために命をかける女性と、もう一度向き合わないとこの物語の完了は迎えられない事を自分でもわかっていました。   そしてその舞台はすでに用意されていました。   Natural birth support smile...

    私の恐怖から始まった物語、完了。

    お産が怖い 夜中に鳴るお産の呼び出し電話が怖い 下がっていく胎児心拍を聞く恐怖 出血が止まらない恐怖 アプガースコア(生まれたての赤ちゃんの様子を数値化するもの)が一向に良くならない恐怖 死への恐怖 縮こまる心臓 なんでこうもお産がうまくいかない? その時は本当にわからなかった。だけどオステオパシーの学びが深まってくるとその答えは明白でした。 うまくいかないお産はオキシトシンが出ない私の身体と心の投影でした。 私の潜在意識の現れでした。 これに気づいた時に心の中でたくさん謝りました。 これまで出会ったすべての女性に。こんな私でごめんなさい。 これから私は自分の在り方を見直します。だから許してほしい。 深く謝罪の気持ちが湧きました。   これが今私がやってる活動の原点です。   ここから全て始まりました。 始まりから年月が経ち、6年学んだオステオパシーカレッジを無事卒業し学位を取得。卒業して3年後にスタートさせたフェムケアニスト®︎養成講座は順調で、モデル実技のモデルにこられた妊婦さんはみなさんとっても満足してくださっています。福井県越前市にあるお産の家ささした助産所でお産を取り上げている私の母もいつも心強いと言ってくれ心の底から信頼してくれているのが伝わってきます。 だけどなかなか私の心は満たされない。 恐怖から始まった物語の完了を迎える気配がない。 というか私自身が、距離を置いていたお産と、命のために命をかける女性と、もう一度向き合わないとこの物語の完了は迎えられない事を自分でもわかっていました。   そしてその舞台はすでに用意されていました。   Natural birth support smile...

1 3

INSTAGRAM

Diggin'On株式会社

femcarejapan
〒150-0001
東京都澁谷区神宮前2-4-7フレスカ神宮前

電話番号:080 1192 7780

メールアドレス:info@femcarejapan.com